ITエンジニアの働き方に関する迷い

ITエンジニアが働く形態として、開発企業に勤めるほか、フリーランスとして仕事を受ける方法もある。
このどちらの方法で働くか、迷いを持つ技術者は多い。
どちらにもメリットやデメリットがあり、一概にどちらが有利であるかは判断が難しい。

企業に勤めて働くメリットは、仕事の安定性にある。
組織に属して与えられた仕事をこなすのが働き方の主体であり、収入も毎月確実に得られるのが魅力である。
しかし、組織に属する以上は、仕事の選択権はない。

IT技術を活かしてもっと活躍できると自信があるなら、フリーランスという選択肢もある。
フリーの技術者は、独立して仕事を選べるメリットを持つ。
興味ある開発分野に的を絞って、仕事を選べるのはエンジニアにとって魅力的である。
ただしフリーの働き方は、収入が不安定ではある。
また、自らスキルアップを続ける必要があり、仕事のやる気を維持するのにも努力を続けなければならない。
自主的に行動できる人物でなければ、フリーエンジニアとして働き続けるのは難しい。

できれば、両方の働き方を経験した方が、いずれのメリットやデメリットもよく分かる。
そうして自身が一番ベストと考える側の働き方を選べば、技術者として後悔なく仕事に打ち込める。
IT業界では、会社に勤めたりあるいは独立してフリーになるなど、柔軟に働き方を変える人が増えている。
どちらの働き方を選ぶべきか固執する前に、まずは企業needsエンジニアこちらを参考にするのも一つの手だ。

  • カテゴリー

    • カテゴリーなし