エンジニアは常に学ぶことが大切

IT系エンジニアは、企業で正社員や派遣社員として属すること以外にも、完全に独立したフリーランスという形で働くという選択肢もある。
それぞれの選択肢に異なる傾向や特徴があり、それに伴ってメリット・デメリットが発生しているので、どれを選択するにせよ注意すべき点があるだろう。
例えば、IT業界の技術や製品は日進月歩という勢いで発展していくため、数年前に取得した技術が「過去の遺物」のように扱われる可能性は常に付きまとう。
かつては一極集中型でシステムを運用するメインフレームが主流だったが、時代の経過とともに分散型やクラウド化などの新しい技術へと移り変わっていった、というのもその一つの例である。

一つの技術や経験に特化していることでスペシャリストとして評価されることもあるが、反対に全く需要がなくなってしまう可能性があるのだ。
このような問題はフリーランス特有と考えられがちだが、企業に属していても無関係ではない。
確かに、日々の仕事の受注状況に直結するフリーランスの方が死活問題になるものの、属している企業がその技術に特化していた場合、会社そのものの経営が厳しくなる可能性がある。

また、様々な技術者を抱える会社に属している場合は、何らかの仕事を与えられるチャンスは多いものの、それまで自分が得意としていなかった仕事を割り当てられることも珍しくなく、新人や若手と混じって技術習得の講習などに励むことになる恐れもある。
特にキャリアを積んだ後で新しい技術取得となると、かなりの苦労が強いられることになるが、それが業界の特徴であると理解しておいた方が良いだろう。

  • カテゴリー

    • カテゴリーなし